介護予防・日常生活支援総合事業の相談場所

subpage01

2025年には団塊の世代の全てが75歳以上の後期高齢者になり、介護に必要な人材が確保しにくいといわれています。
そのため、介護施設や病院だけでなく、地域に根差した介護活動が求められるようになりました。介護予防・日常生活支援総合事業は、小学校区単位など小さなエリア区分で、お互いに支えあう介護を実践する目的を持っています。


その主な相談先になるのが、地域包括支援センターです。地域包括支援センターには、ケアマネージャーや介護福祉士、保健師や看護師などのスペシャリストが在籍しており、介護が必要になってからも、認知症になる前の方の予防も促進しています。



また、介護予防・日常生活支援総合事業では、地域ボランティアによる高齢者サポートも重視しています。

今までは74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者としていましたが、依然と比較して高齢者の身体機能が高くなっていることから定義の変更も検討されています。

goo ニュースに関する情報を公開中です。

会社をリタイアした方が、地域活動に参加する場に、介護予防・日常生活支援総合事業のボランティアが挙げられています。昔ながらのご近所づきあいを活かして、地域で支えあう社会を目指すのも介護予防・日常生活支援総合事業に求められていることです。

早期に発見することで認知症を予防する専門チームも、今後全国の地域包括支援センターに設置し、より充実した相談ができるようになるといわれています。1人で抱え込まない介護のためにも、需要な役割を担っています。