介護保険請求書ソフトで業務改善を

subpage01

介護保険の請求は煩雑な手続きが伴っていくものです。最近の介護保険請求書ソフトは介護の現場の経験豊富なスタッフが研鑽し、充実した機能でサポートについても充実をしているのが特徴になっています。

請求書ソフトについても、企業や営業所ごとの階層ごとに売上と請求を月次単位で出来るようにもなっています。

請求書のデータを月単位に集計が出来るのはもちろんのこと、各事業所ごとに管理が出来ますので、請求書ソフトを導入するだけで、介護保険事業における煩雑な請求業務は簡略化していくようになるのです。

請求書を作成していく上で必要になってくる提供時間の確認や保険が適用されない実費の有無についても迅速に入力を行うことができ、手間の掛かる月末の請求書作成作業の手間が省けていくようになります。



国保への請求明細書についても、テンプレートが内包されていますので、作成にあたって悩むこともなく、月末の請求業務に時間を取られることも無くなっていくはずです。

介護保険の請求をする段階で、公保を受けている方も、なかにはいることだと思います。

T-SITEに関する情報が満載です。

公保を受けている方がいる場合には、公費分回数や対象単位数についての入力も簡略化した形式で入力でき、間違いの無い請求書の作成を行っていくことが可能となっていきます。
100%本人負担のあるような場合でも、最近の請求書ソフトはカスタマイズの必要がなく、入力を行うことができ、請求書の作成を行うことが出来るようになっています。



介護保険の現場において手間の掛かる請求業務が簡略化していくのは間違いありません。